インプラントの特徴

白い歯

インプラントの注意点

インプラントは歯肉を切開し、顎の骨を削る手術です。虫歯や歯周病の治療とは違い、外科手術を伴うものなので、医師の技量・経験値から歯科医院を選ぶ必要があります。横浜駅の近くで歯科インプラントをしたいなら、インプラント手術の症例数が多く、経験豊富な医師がいる所でカウンセリングを受けることが大事です。ただ「インプラント認定医」という肩書きがあるだけで、手術の経験が少ない医師もいるので、肩書きに騙されないことが大事です。手術をしたあとの注意点もあります。手術後は麻酔が切れると痛みが出てくるので、鎮痛剤を服用して痛みを抑える必要があります。香辛料が入っている刺激の強い食べ物は、出血や腫れの原因となるので、痛みが引くまで食べない事も大切です。

自然は歯が手に入る

横浜市内の歯科医院では、歯がない人に歯科インプラントが人気です。歯科インプラントは、入れ歯やブリッジをするのとは違い、顎の骨に直接埋め込んで使用するものです。入れ歯やブリッジは隣の歯に負担がかかりますが、歯科インプラントは他の歯を傷つけないで使用できます。オペ室完備で高度で安心なインプラント手術ができる歯科医院は横浜に沢山あります。横浜でインプラントの手術をすれば、自前の歯と同じように、普通に食事や歯磨きができます。固い物も噛め、食事も味わってできるようになります。何よりも見た目の自然さが歯科インプラントの魅力です。他の歯と区別がつかないくらいナチュラルな仕上がりになります。発音障害もなく、見た目にも機能性にも優れています。