歯のホームドクターとして

白い歯

定期検診が一番

港区の歯科では、いろいろな歯の治療方法を提供しています。歯に問題を抱えている人は、港区の歯科を一度訪れてみることをおすすめします。虫歯はいくつかの段階を経て進行していきます。C1くらいのレベルの虫歯であれば自覚症状もまったくなく、わざわざ港区の歯科に行かなくても様子を見ているだけで十分なことがほとんどです。ところがその後多くの人がついつい油断してしまい、気がついたときには虫歯のレベルが進行して歯がしみたり痛んだりするようになっていきます。こうしたことを防ぐために一番良いのは、定期的に港区の歯科で歯の検査をしてもらうということです。それによってごく軽度の虫歯を発見してもらうことができ、治療も簡単で費用も安くなります。

美観と強度というポイント

虫歯が軽ければ少し削ってプラスチックなどで充填するという簡単な治療で済ませることができます。ただ、奥歯を噛みしめる力が特に大きいというような人の場合は、プラスチックよりもう少し丈夫な素材を選んで充填してもらうのがよいでしょう。港区の歯科ではプラスチックのほかにもさまざまな充填用の素材が用意されています。虫歯がひどくなっていて差し歯にしなければならないような場合、保険がきく差し歯にするか、もっとよい差し歯にするか多くの人が悩みます。保険適用にするかしないかを判断するポイントには二つあります。一つは美観上の問題で、もう一つは強度の問題です。美観が問題となるのは前歯であることが多いので、奥歯の場合にはおもに強度に重点を置いて素材を選ぶのがよいでしょう。